AGAは早めの治療が肝心

早めの治療が肝心

AGAは早めの治療が肝心

3人に1人の男性が悩んでいると言われるAGA(男性型脱毛症)。世の男性にとって、もはやAGAは他人事ではありません。

しかし髪の悩みはデリケート、例え相手が医師であっても相談しにくいものです。あと一歩がなかなか踏み出せず、かなり進行してしまった頃にクリニックを訪れる患者さんも少なくありません。

「今から治療を始めても髪が生えてくるのか。」

「治療をしてみたいけど、なんとなく恥ずかしい。」

治療を敬遠してしまう理由は、人によりさまざまです。ただ、どんな病気でも症状が軽い内から治療を始めた方が回復しやすい、ということはイメージがつきやすいと思います。これは、AGAも同じです。

AGAは"進行性の脱毛症"とも呼ばれ、放っておくとどんどん薄毛や抜け毛が進んでいきます。そのため早期治療がとても重要です。

ではなぜAGAは早期治療をすると良いのか、それには2つの理由があります。

早期回復が期待できる

AGAの症状は、時間と共にどんどん悪化してしまいます。薄毛や抜け毛が進みきった状態から治療を始めた場合、改善されるまでにたくさんの時間や費用がかかってしまうことでしょう。

ですが発症したばかりの頃は、まだ症状が軽度な段階です。早めに治療を始めると回復も早まり、治療にかかる費用も安く済ませることができます。

またAGAによる影響は、髪の毛だけではありません。髪が薄くなったことで自分への自信も無くしてしまい、心にダメージを受けてしまう患者さんも多くいます。

しかし回復が早まると「恥ずかしい」「自信がない」といったことを感じる期間も短縮され、日常のストレスを減らすことにもつながるはずです。

毛根の寿命

髪の毛は、私たちが意識せずとも知らず知らずのうちに成長しています。しかし髪の成長には、限りがあるのです。

日常の中で髪は伸びるだけでなく、自然に抜けてしまうこともあります。抜け落ちた髪は、いわば寿命がつきた髪です。

髪は「毛根」の中にある細胞が分裂を繰り返すことで伸びていき、1本1本の髪の毛は2~6年ほどで抜け落ちていきます。ただ毛根が新たな髪を作り出せる回数は、人の一生の中で約15回ほどだと言われます。つまり個人差はありますが、髪の寿命は長くても90年となる訳です。

これがAGAを発症してしまうと、そうもいきません。AGAは、髪の寿命を大幅に短縮してしまういます。

「抜け毛が増える」のはAGAの代表的な症状ですが、これは髪の寿命が削られ、まだ抜け落ちるタイミングが早まっているのです。AGAの場合、1本1本の髪の寿命は数ヶ月~1年ほどになると言われます。

そのためAGAを放置していると通常よりも早いスパンで髪が生え変わり、毛根が寿命を迎えるのも早くなってしまいます。すると、毛根からは二度と髪が生えてこなくなります。

AGAは毛根が生きている内に、早期治療に取り組むことをお勧めします。

まずは無料カウンセリングにお越しください

「もっと早く治療を始めていれば良かった。」

東京スカルプクリニックで治療を受けた患者さんから、このような声をいただくことがあります。AGAは早めに治療をするとより高い発毛効果が期待できるようになり、また治療費や時間の節約にもつながります。

「もしかして…」と思った時が、AGA治療の始め時です。東京スカルプクリニックでは無料カウンセリングを行っているので、お気軽にご相談ください。

カウンセリング予約