薬剤性脱毛症とは

お薬を服用している時に起こることがある薬剤性脱毛症。原因となるお薬の種類によって髪の毛の抜け方にも違いがあります。

薬剤性脱毛症とは
~薬剤性脱毛症について~

ストレスや生活習慣の乱れ、加齢など脱毛には様々な要因が関わっています。しかし脱毛が始まった時に、もしも何らかのお薬を服用していたら。その脱毛は、お薬の影響により起きているのかもしれません。

薬剤性脱毛症は「お薬の副作用として生じる脱毛症」です。例えば風邪を治そうとしてお薬を飲んだ時に、「くしゃみや鼻水は治まったけど眠くなってしまう」ということがあります。お薬としての本来の作用にともなって発揮されてしまうのが、副作用です。そしてお薬の副作用で髪の毛が抜けることを、薬剤性脱毛症と呼びます。

「お薬を飲んで髪が抜ける」と聞くと、抗がん剤を思い浮かべる方もいるでしょう。確かに抗がん剤によって抜け毛は起きますが、薬剤性脱毛症は抗がん剤以外でも起きることがあります。

突然抜け毛が増えた時に、もしも何らかのお薬を飲んでいたら。その脱毛は、お薬の副作用の可能性もゼロではありません。ここでは薬剤性脱毛症の特徴や原因となるお薬などを解説していきます。

薬剤性脱毛症の特徴や症状

薬剤性脱毛症の特徴や症状

薬剤性脱毛症は、お薬の副作用として起こる脱毛症です。この脱毛症は、原因となるお薬によって2種類に分かれます。

  • 成長期脱毛 → 抗がん剤が原因
  • 休止期脱毛 → 原因となる薬はいろいろ

種類により、脱毛が起こるメカニズムが異なります。

成長期脱毛とは

そもそも髪の毛は、どのように作られているのでしょうか。髪の毛の根元の部分を「毛根」と呼びますが、毛根の中には「毛母細胞」という細胞があります。人の髪の毛は、この毛母細胞が分裂することで成長します。

一方の抗がん剤は、がん細胞の分裂を抑えることで病気を治療するお薬です。しかしがん細胞以外の細胞にも作用することがあります。

特に髪の毛をつくる毛母細胞は、からだの他の細胞と比べると活発に細胞分裂をするという特徴があります。そのために抗がん剤のターゲットになりやすく、細胞死(アポトーシス)を起こして脱毛が始まってしまうのです。個人差があるものの、一般的に抗がん剤の投与から2~3週間後に脱毛が起こることが多いと言われます。

ちなみに抗がん剤の副作用は、「まゆ毛」や「まつ毛」に及ぶこともあります。ですが髪の毛に比べると、脱毛症状が目立たないことが多いです。これはまゆ毛やまつ毛は成長スピードが髪の毛よりも緩やかであるため、抗がん剤の影響を受けにくいことが理由です。

休止期脱毛とは

髪の毛が新しく生えてから抜けるまでの流れを、ヘアサイクル(毛周期)と呼びます。ヘアサイクルには、3つの時期があります。

成長期 髪の毛が活発に伸びていく時期
退行期 髪の毛の成長がストップする時期
休止期 成長が完全に止まった髪の毛が、抜けるのを待っている時期

薬剤性脱毛症はお薬の影響により一連のヘアサイクルが乱れ、成長期が短くなったり休止期の髪の毛が増えることで起こるのです。そうなると髪の毛が十分に育たず、多くの髪の毛は抜けるのを待つだけの状態となってしまいます。

しかし薬剤性脱毛症では、お薬を服用してから実際に脱毛が始まるまでに長い期間がかかることが多いです。そのため原因となったお薬が、見つかりにくいという問題があります。

薬剤性脱毛症を起こす可能性があるお薬

薬剤性脱毛症を起こす可能性があるお薬

では薬剤性脱毛症は、どのようなお薬によって起こる可能性があるのでしょうか。以下では、薬剤性脱毛症を起こしうるお薬をご紹介していきます。

成長期脱毛を起こしうるお薬

成長期脱毛は、抗がん剤によって起こる脱毛症です。しかし種類によって髪が抜けるかどうかは異なり、特に次のような抗がん剤は脱毛を起こしやすいことが報告されています。

  • パクリタキセル(タキソール)
  • 塩酸イリノテカン(トポテシン、カンプト)
  • ドセタキセル(タキソテール)
  • エトポシド(ベプシド、ラステット)
  • 塩酸アムルビシン(カルセド)
  • シクロホスファミド(エンドキサン)
  • 塩酸ドキソルビシン(アドリアシン)

また脱毛を起こす可能性があるのは、これらの抗がん剤だけではありません。頻度は低いですが、これら以外にも脱毛を起こしうる抗がん剤があります。

休止期脱毛を起こしうるお薬

休止期脱毛を起こしうるお薬には非常に多くの種類があります。以下ではそのようなお薬について一部、表にまとめました。

お薬の種類 成分名
ヘルペス治療薬 アシクロビルなど
痛風治療薬 コルヒチン、アロプリノールなど
消炎鎮痛剤 イブプロフェン、インドメタシン、ジクロフェナクなど
高脂血症治療薬 シンバスタチン、アトルバスタチン、ベザフィブラートなど
降圧薬 ドキサゾシン、アムロジピン、ベタキソロール、エナラプリルなど
抗うつ剤 イミプラミン、クロミプラミンなど
抗てんかん剤 ゾニサミド、バルプロ酸ナトリウム、カルバマゼピンなど
胃薬 ランソプラゾール、オメプラゾール、ラニチジンなど
糖尿病治療薬 グリベンクラミド、グリクラジド、ボグリボースなど
骨粗しょう症治療薬 エチドロン酸二ナトリウム
抗真菌剤 フルコナゾール、イトラコナゾール、テルビナフィンなど
インターフェロン製剤 IFNα、IFNβ、IFNγ
食欲抑制剤 マジンドール
アレルギー治療薬 トラニラスト、テルフェナジン、エバスチン、ロラタジン
血液凝固阻止剤 ヘパリン、ワーファリン
子宮内膜症治療薬 ダナゾール、ナファレリン
抗結核剤 エチオナミド、エタンブトール
抗甲状腺剤 プロピルチオウラシル、チアマゾール

薬剤性脱毛症は治る?

薬剤性脱毛症は治る?

薬剤性脱毛症は、基本的に原因となっているお薬の服用をやめると脱毛は治まります。このことは成長期脱毛と休止期脱毛、どちらでも共通です。

しかしお薬は病気を治療する上で、とても大切なものです。抜け毛が気になるからといって自己判断でお薬の服用をやめてしまうと、病気が悪化してしまう恐れもあります。薬剤性脱毛症が起きた場合は、必ず医師に相談してください。

また例えばがんの治療など、場合によってはお薬の服用をやめられないこともあるでしょう。そのような時には医療用ウィッグや帽子、バンダナなどを使うことも選択肢の1つです。

最後に

最後に

薬剤性脱毛症の原因になるお薬には、たくさんの種類があります。しかしお薬の服用中に脱毛が始まったからといって、必ずしも薬剤性脱毛症だとは限りません。AGA(男性型脱毛症)やびまん性脱毛症(FAGA・休止期脱毛症)など、他の脱毛症が起きている可能性もあります。脱毛の原因が何であるかを見極めるためにも、気になる症状がある時は医師の診察を受けることをお勧めします。

男性の薄毛についての記事一覧

  • 男性の薄毛とは

    男性の薄毛とは
    男性の薄毛トラブルは40代を機に増加します。ただ早い方では20代、30代から薄毛の悩みを抱えるケースもあります。気になった時から治療をはじめることで、悩みが深刻になる前にふたたび髪を取り戻すことは十分に可能です。

  • AGAとは

    AGAとは
    男性で薄毛に悩む方の90%以上は、AGAと言われています。生え際から、あるいは頭頂部に脱毛箇所が見られ、男性ホルモンが原因の1つと考えられます。早めの治療が脱毛の進行を抑え、毛根が生きてさえいれば再び髪の成長を期待することができます。

  • 円形脱毛症とは

    円形脱毛症とは
    一気に髪が抜けはじめ、円形あるいはだ円形の脱毛斑ができるのが円形脱毛症です。10円ハゲをイメージする方も多いと思いますが、他にも「蛇行型」「全頭型」「汎発型」などがあります。症状によっては治療が長引くこともあるので、早めの治療が大切です。

  • 脂漏性脱毛症とは

    脂漏性脱毛症とは
    脂漏性脱毛症は、男女に関係なく発症リスクがある脱毛症です。頭皮にフケやかゆみ、湿疹などが起こり、脂漏性皮膚炎の発症により脱毛を起こします。市販の育毛剤などが刺激となって症状が悪化することもあるので、まずは専門医に相談することが重要です。

  • 牽引性脱毛症とは

    牽引性脱毛症とは
    ポニーテールや同じ分け目を続けるなどヘアアレンジが原因になるのが牽引性脱毛症です。抜け毛や切れ毛が発生したり、髪の分け目に脱毛が発生します。また圧迫性脱毛症と呼ばれるものもあり、帽子などの被り物を続けることで起こることもあります。

  • 薬剤性脱毛症とは

    薬剤性脱毛症とは
    服用しているお薬が原因で脱毛症を起こすのが、薬剤性脱毛症です。抗がん剤の使用による脱毛は有名ですが、その他にもお薬の影響で脱毛症を起こすことがあります。急に脱毛が増えた時に服用しているものがあれば、薬剤性脱毛症の可能性は0ではありません。

カウンセリング予約