AGAとは

男性特有の脱毛症であるAGAの特徴や原因、遺伝との関連などを詳しく解説しています。気になった時が薄毛治療のスタートです。

AGAとは
~AGAについて~

AGAは男性ホルモンや遺伝が関係する病気とされています。男性だけに起こりうる病気で、生え際や頭頂部に脱毛箇所が見られるようになります。治療をしなければ脱毛箇所は広がっていき、自然に治ることはありません。クリニックや病院での早めの治療が脱毛症状の進行を抑え、薄毛が進行するのを食い止めます。

AGA(Androgenetic Alopecia)とは、「男性型脱毛症」や「壮年性脱毛症」などと呼ばれることもある男性特有の脱毛症です。アンドロゲンが髪をつくるための細胞のはたらきを弱めることで、毛がぬける、薄くなるといった脱毛症状を起こします。

日本人男性の30%がこのAGAに悩んでいるとされ、年代が上がるに連れて患者数も増加していく傾向にあります。

20代 ・・・ 10%
30代 ・・・ 20%
40代 ・・・ 30%
50代 ・・・ 40%

ちなみに壮年性脱毛症の「壮年」とは、ヒトの人生を6段階に分けた時の4段階目のことになります。

  • 幼年期
  • 少年期
  • 青年期
  • 壮年期
  • 中年期
  • 高年期

厚生労働省は、壮年期をおおよそ25~44歳の働きざかりの時期と定義しています。年代ごとの患者数を見るとこの年齢に該当するのは60%になることから、AGAのうち半数以上の方は壮年性脱毛症とも言えます。

また壮年性脱毛症に対して「若年性脱毛症」というのもあります。しかし公の発表や学会では、「若年性」と「壮年性」を分けて考えることはほとんどありません。つまり若年性脱毛症も壮年性脱毛症も、AGA(男性型脱毛症)の1種と考えられています。

ここではAGAの特徴や症状、原因、そして治療に関することなどを詳しく解説しています。

AGAの診断基準

AGAの診断基準

AGAの診断基準は、次のように定義されています。

「額の生え際から頭頂線までの長さが2cm以下」

頭頂線とは、頭を横から見た時の「耳の穴から頭の頂上を結んだライン」のことになります。もし生え際と頭頂線の距離が2cm以下だった場合、AGAと判断されます。

AGAの特徴や症状

AGAの特徴や症状

AGAが進行していくパターンには特徴があります。

  • おでこの生え際から
  • 頭頂部
  • その両方

生え際や頭頂部、あるいはその両方から薄毛は進行していきます。つまり頭の側面にあたる部分に脱毛症状が広がることはありません。

この薄毛の進行パターンの度合いを提唱したのが「ハミルトン・ノーウッド分類」や「高島分類」と呼ばれるものです。ハミルトン・ノーウッド分類は欧米で広く使われる方法になります。日本ではハミルトン・ノーウッド分類をアレンジした高島分類が用いられ、脱毛症治療の現場で一般的に用いられています。

欧米と日本でAGAの進行パターンの分類方法が異なるのには理由があります。

欧米 ・・・ おでこの生え際から髪が薄くなる人が多い
日本 ・・・ 頭頂部から薄くなる人が多い

このようにどこから薄毛が進行しやすいかが違うため、欧米と日本では分類方法を変えています。

高島分類の9つのパターン

※Vertex = 頭頂部

【Ⅰ型】

初期の症状であり、生え際が少しだけM字状に後退しはじめている状態。通常では気付かない軽度レベル。この時点でAGA治療をはじめると、進行をストップできる可能性は高い。

【Ⅱ型】

Ⅰ型が進行し、M字がより後退している状態。多くの人が気づくレベル。適切なAGA治療を行えば改善しやすい。

【Ⅱ-Vertex型】

Ⅰ型が進行し、M字がより後退している状態。さらに頭頂部がO型に薄くなっている状態。適切なAGA治療を行えば改善しやすい。

【Ⅲ型】

Ⅱ型が進行し、ひたいの生え際がしっかりとM字になっている状態。髪全体のボリュームも少なくなっている。

ここまでがAGA治療で高い効果が期待できるライン
【Ⅲ-Vertex型】

Ⅲ型と同時に頭頂部がO型に薄くなっている状態。

【Ⅳ型】

Ⅲ型がさらに後退し、同時に頭頂部がO型に薄くなった状態。

【Ⅴ型】

Ⅳ型がさらに進んだ状態。生え際の後退は著しく、M字ではなくほとんど薄毛の状態。生え際と頭頂部の脱毛がつながりそうな段階。

これ以上進行すると内服薬での治療が難しいライン
【Ⅵ型】

Ⅴ型からさらに薄毛が広がり、頭頂部の後退は後頭部にまで達している状態。

【Ⅶ型】

Ⅵ型が進行し側頭部の髪も減り、薄毛としてはもっとも進行した状態。


AGAを発症すると高島分類を見てわかるように進行していきます。「進行性」というのもAGAの特徴の1つです。なので進行してしまう前の比較的軽度な状態であれば、治療効果も高まります。どんなに遅くとも【Ⅲ型】までには、治療をスタートすることがお勧めです。

AGAの原因とは

AGAの原因とは

AGAの原因はアンドロゲンであると考えられています。アンドロゲンとは男性ホルモンの総称になり、次の3つの種類があります。

  • テストステロン
  • ジヒドロテストステロン(DHT)
  • デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)

この3つの中でAGAの原因と関係するのが、「テストステロン」と「ジヒドロテストステロン(DHT)」になります。

テストステロンを一口に言えば、「男らしさ」になります。ペニスの形成や発達、筋肉をつける、体毛やヒゲが生える、性欲を高めるなど、男らしさの源になるホルモンです。

このテストステロンが酵素のはたらきによってつくられるのが、ジヒドロテストステロン(DHT)です。AGAの患者さんの頭皮からは高い濃度でジヒドロテストステロンが見つかっており、これが脱毛症を起こす原因物質と考えられています。ジヒドロテストステロンには、次のようなはたらきがあります。

  • 髪1本の寿命を短くする
  • 髪を弱らせる

ヘアサイクルには「成長期(約2~6年) → 退行期(約2週間) → 休止期(約3~4ヶ月)」とあり、抜けたり生えたりを繰り返します。ジヒドロテストステロンはヘアサイクルを乱し「成長期」を大幅に短くします。約2~6年ある成長期は1年未満になり、髪は十分に成長できなくなります。すると抜け毛や成長が不十分な髪が増え、薄毛なども目立つようになってきます。

AGAは遺伝も原因!?

「薄毛やハゲは遺伝する」なんて言われることもあります。結論からいえば、AGAは遺伝する可能性があります。

AGAの遺伝に関係するのが、次の2つです。

  • 5αリダクターゼ
  • アンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)

5αリダクターゼは、AGAの原因とされるジヒドロテストステロンをつくるはたらきがあります。

テストステロン + 5αリダクターゼ = ジヒドロテストステロン(DHT)

つまり5αリダクターゼのはたらきが強いと薄毛になりやすいと言えます。

またアンドロゲンレセプターは、DHTが結びつくことによりAGAの進行に影響を与えます。

DHT + アンドロゲンレセプター = TGF-β

TGF-βは「脱毛因子」と呼ばれ、「髪よ抜けろ」と命令するはたらきがあります。なのでアンドロゲンレセプターの感受性が高いと、多くのDHTが結びついてしまい薄毛になりやすいと言えます。

この酵素や脱毛因子の「はたらきの強さ」や「感受性の高さ」は遺伝によって決まるとされます。

AGAの遺伝子検査も可能

ヒトには染色体と呼ばれるものがあり、これは男女の性別をつくる遺伝子になります。

男性なら ・・・ XY
女性なら ・・・ XX

性別が男性の場合、X染色体は母親から、Y染色体は父親から受け継がれます。つまり男性が持っているX染色体は、母方のおじいちゃんとおばあちゃんの両方から受け継いだ遺伝子となります。

ところが、女性はAGA(男性型脱毛症)にはなりません。となると母親の状態を見るだけでは、薄毛の遺伝子を引き継いでいるかを判断するのは難しいです。そこで母方のおじいちゃんが薄毛であれば、薄毛の遺伝子を受け継いでいる可能性が十分に考えれます。

薄毛の遺伝子を持っているか不安な方は、病院で遺伝子検査することもできます。髪の毛や口の中の粘膜を採取して調べるだけの簡単な方法になります。お時間がない方やAGAなのか知られたくないという方もいると思います。それであれば郵送による検査が可能な検査キットもあるので、興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。

AGAはクリニックや病院で治る?

AGAはクリニックや病院で治る?

AGAとわかっても、その治療効果があるのか気になるところですよね。市販薬の育毛剤などをいろいろ試しても期待する効果がなかった方であれば、なおさらのことだと思います。

1つはっきり言えることは、AGAが完治することはありません。というのもAGA治療には、継続したお薬の使用が必要だからです。AGA治療の目的は「現状維持」あるいは「脱毛の進行を遅らせる」というのが目的です。

もちろん、服用を続けていく中で「発毛」を実感する男性もいます。最新の飲み薬「ザガーロ」は発毛本数など細かいデータがあり、プロペシアにくらべ高い薄毛改善効果が期待できることがわかっています。ただ服用したすべての男性が発毛効果を実感できるわけではないので、当院では完治はしないとご説明させていただいています。

もちろん薄毛を改善していくことは可能なので、抜け毛や薄毛が気になる男性は早めの治療がより効果を高めることにつながります。

最後に

最後に

髪1本1本は「生える→抜ける→生える」を繰り返しています。ただ生涯にわたってこのヘアサイクルが続くわけではありません。ヘアサイクルの寿命は約15回とされ、やがて毛根も寿命を迎えていきます。

毛根が死んでしまうと、育毛や発毛の効果は得られなくなります。気になりだしたらクリニックや病院で、早めにカウンセリングやAGA治療を受けることをお勧めします。

男性の薄毛についての記事一覧

  • 男性の薄毛とは

    男性の薄毛とは
    男性の薄毛トラブルは40代を機に増加します。ただ早い方では20代、30代から薄毛の悩みを抱えるケースもあります。気になった時から治療をはじめることで、悩みが深刻になる前にふたたび髪を取り戻すことは十分に可能です。

  • AGAとは

    AGAとは
    男性で薄毛に悩む方の90%以上は、AGAと言われています。生え際から、あるいは頭頂部に脱毛箇所が見られ、男性ホルモンが原因の1つと考えられます。早めの治療が脱毛の進行を抑え、毛根が生きてさえいれば再び髪の成長を期待することができます。

  • 円形脱毛症とは

    円形脱毛症とは
    一気に髪が抜けはじめ、円形あるいはだ円形の脱毛斑ができるのが円形脱毛症です。10円ハゲをイメージする方も多いと思いますが、他にも「蛇行型」「全頭型」「汎発型」などがあります。症状によっては治療が長引くこともあるので、早めの治療が大切です。

  • 脂漏性脱毛症とは

    脂漏性脱毛症とは
    脂漏性脱毛症は、男女に関係なく発症リスクがある脱毛症です。頭皮にフケやかゆみ、湿疹などが起こり、脂漏性皮膚炎の発症により脱毛を起こします。市販の育毛剤などが刺激となって症状が悪化することもあるので、まずは専門医に相談することが重要です。

  • 牽引性脱毛症とは

    牽引性脱毛症とは
    ポニーテールや同じ分け目を続けるなどヘアアレンジが原因になるのが牽引性脱毛症です。抜け毛や切れ毛が発生したり、髪の分け目に脱毛が発生します。また圧迫性脱毛症と呼ばれるものもあり、帽子などの被り物を続けることで起こることもあります。

  • 薬剤性脱毛症とは

    薬剤性脱毛症とは
    服用しているお薬が原因で脱毛症を起こすのが、薬剤性脱毛症です。抗がん剤の使用による脱毛は有名ですが、その他にもお薬の影響で脱毛症を起こすことがあります。急に脱毛が増えた時に服用しているものがあれば、薬剤性脱毛症の可能性は0ではありません。

カウンセリング予約