フィナステリド錠「ファイザー」とは

フィナステリド錠はファイザー社が製造するAGA薬です。プロペシアと同等の効果があり、他にも独自の工夫が施されています。

~フィナステリド錠について~

フィナステリド錠とは、AGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品です。中身の成分は先発薬と同じ、フィナステリドになります。フィナステリド錠は先発薬と同様、AGA(男性型脱毛症)を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる悪玉男性ホルモンのはたらきを阻害する作用があります。そのうえ先発薬より安価で購入できることも魅力の1つです。

フィナステリド錠「ファイザー」とは、2015年2月19日よりファイザー社から発売が開始されたAGA治療薬です。2005年に登場してから、薄毛に悩む多くの患者さんを救ってきたAGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品となります。

ジェネリックは先発薬が開発された後に同じ成分、同じ製法で作られた後発医薬品です。値段も安く、先発薬と同等の効果が期待できるお薬ですが、「安かろう悪かろう」というイメージから抵抗を持つ方も中にはいらっしゃいます。

ですがフィナステリド錠は大手の製薬会社ファイザー社から製造されており、しかも厚労省からも承認されています。錠剤の見た目も先発薬のプロペシアにとても似ているので、あまり抵抗を感じずに飲むことができるのではないでしょうか。

プロペシア ピンク色の丸い錠剤
フィナステリド錠「ファイザー」 ベージュ色の丸い錠剤

ここではフィナステリド錠について、特徴やプロペシアとの違いなどを解説していきます。

フィナステリド錠の処方

フィナステリド錠の処方

フィナステリド錠の処方までの流れは以下のようになります。

クリニックに来院 → 問診 → 処方

処方までには10~15分ほどになります。

AGA治療は「自由診療」となるので、健康保険の適用がありません。保険がきかない治療となるので、保険証の提出も必要ありません。

またフィナステリド錠も、先発薬プロペシアと同様に薬価基準未収載となるため処方も自費負担となります。しかし先発薬の約7割ほどの価格であるため、毎月の治療費を抑えることができます。

初回 ・・・ 1,500円
2回目以降 ・・・ 6,000円

※参考(先発薬プロペシアの価格)

初回 ・・・ 4,200円
2回目以降 ・・・ 7,000円

同じ成分フィナステリドになり、ジェネリックの方が経済的に治療を続けることができます。

フィナステリド錠の特徴

フィナステリド錠の特徴

フィナステリド錠は基本的に、先発薬のプロペシアとほとんど違いがありません。ですがフィナステリド錠だけの特徴として、次のようなことがあげられます。

コンパクトなボトル

フィナステリド錠は箱入り、あるいはボトル入りで販売されています。箱入りのものに関してはプロペシアとの違いはそこまでありませんが、ボトル入りに関しては非常にコンパクトです。保管する時に場所をとらず、こうした利便性を支持する方もいらっしゃいます。

ただしボトルで販売されているのは"1mg・90錠"のみとなります。

読みやすいフォント

フィナステリド錠の外箱やPTPシートには、視力が低下した方にも読みやすい「つたわるフォント」が採用されています。つたわるフォントとは2009年に博報堂が、タイプバンク・慶応技術大学と共同で開発したユニバーサルデザインのフォントです。

「文字が小さくて読みにくい」と感じていた方にもわかりやすく、最近ではファイザー社を含めて多くの企業に採用されています。身近なものでは飲料水のペットボトルの表記に使われていることもあるので、お時間がある時に探してみるのも良いかもしれません。

用量の選択ミスを防ぐための工夫

医薬品の成分量は、1つのお薬につき複数の規格があることが多いです。プロペシアであれば、中身の成分量が0.2mgと1mgの2種類の規格があります。

ファイザー社では、これらの選択ミスを防ぐため製品には次のような工夫が施されています。

上の規格がある時 お薬の外箱に「▲」マークを表示
下の規格がある時 お薬の外箱に「▼」マークを表示
規格が1つしかない時 お薬の外箱に「▲▼」マークを表示

例えばフィナステリド錠0.2mgであれば、それより上の1mgの規格もあります。そのため外箱には「0.2mg▲」と表示されています。反対にフィナステリド錠1mgでは、外箱に「1mg▼」と表示されています。

PTPシートへの工夫

錠剤を包装しているPTPシートは、携帯する時に切り離す方がいらっしゃいます。しかし複数のお薬を飲んでいる方では、区別がつかなくなるということもあります。

ファイザー社ではこのようなことを防ぐため、PTPシートを1錠ずつに切り離しても薬品名・用量が識別できるように印刷しています。識別性の高さも、フィナステリド錠の特徴の1つです。

偽造を防ぐための工夫

近年、医薬品業界を揺るがしているのがニセ薬の存在です。そもそも中身の成分が異なっているために効き目がない、あるいは健康を害するようなこともあります。中には本物そっくりにつくられているものもあり、一般の方が識別をするのは難しいでしょう。

ですがフィナステリド錠では外箱の一部に小さな文字で「PFIZERPFIZERPFIZER・・・」と印字され、偽造を防ぐための工夫が施されているのです。

先発薬プロペシアとの違いはあるの?

先発薬プロペシアとの違いはあるの?

フィナステリド錠はプロペシアのジェネリックですが、中には「本当に効くのか」と不安に思う方もいるかもしれません。ではフィナステリド錠の効き目に関して、プロペシアとの違いはないのでしょうか。

その効き目を確認するため、過去に健康な成人男性24名を対象にフィナステリド錠とプロペシアによるクロスオーバー法が行われたことがあります。

クロスオーバー法とは24名の男性をAグループ・Bグループの12名ずつに分け、次のような流れで行う試験方法です。

Aグループには先にフィナステリド錠を服用させる

血中濃度(血液に溶けているお薬の濃さ)などを測定

お薬の成分がからだから抜けたら、次にプロペシアを服用

再び血中濃度などを測定

Bグループでは先にプロペシア、次にフィナステリド錠を服用します。こうすることでAUC※やCmax、Tmaxなどの"お薬がどれくらいの早さで、どれくらい効くのか"を確かめるための数値を明らかにします。

試験の結果、フィナステリド錠とプロペシアにおいて「効き目の強さ」「効き始めるまでの時間」などに差は見られませんでした。つまり、フィナステリド錠とプロペシアはほぼ同等の効き目があることが確認されたのです。

※AUC
AUCとは、お薬が"どれくらいの濃度"で、"どのくらいの時間"、お薬が"からだの中で作用を発揮"したかを示す面積グラフのこと。

※Cmax
Cmaxとは、お薬の最高血中濃度を示すもの。

※Tmax
Tmaxとは、最高血中濃度に到達するまでの時間。

最後に

最後に

フィナステリド錠とは、プロペシアよりも安価で購入できるジェネリック医薬品です。試験により、ほぼ同等の効き目があることも明らかになっています。AGAを本格的に治療するのであれば、プロペシアなどの治療薬は長期間飲み続けなくてはなりません。

保険も適用されないため、悲しいことに費用の面から治療を諦めてしまう方がいることも事実です。ですがジェネリックであるフィナステリド錠であれば、費用の負担を軽減しながら治療を行うことができます。ぜひ一度、検討してみてはいかがでしょうか。

男性の薄毛治療についての記事一覧

  • 男性の薄毛治療とは

    男性の薄毛治療とは
    男性の薄毛治療に疑問を持つ方は少なくありません。「ホントに生える?」「一体いくらかかるの?」と治療に不安を感じる男性は多いです。不安がない治療を受けていただくためにも、当院で取扱のある治療方法やその費用についてご紹介します。

  • AGA治療薬とは

    AGA治療薬とは
    男性の薄毛治療を支えるのがAGA治療薬です。脱毛の進行を抑えたり、発毛促進、髪の成長をサポートするものまで、豊富な種類があります。ここではAGA治療薬の紹介から、使用するお薬に対しての疑問などにお答えしています。

  • 毛髪再生医療とは

    毛髪再生医療とは
    毛髪再生医療は、お薬を飲まずに薄毛改善効果が期待できる最新の治療方法になります。また毎日治療する必要はなく、定期的な通院のみで効果が期待できるのも大きなメリットとなります。従来の治療とは異なる毛髪再生医療について、詳しく解説していきます。

  • プロペシアとは

    プロペシアとは
    プロペシアは、世界でもはじめて専門医が処方する飲む薄毛治療薬です。AGA(男性型脱毛症)が病気として認知されるきっかけにもなったお薬で、続けて服用することで脱毛の進行を抑えます。プロペシアがどんなお薬なのか、詳しく解説していきます。

  • ザガーロとは

    ザガーロとは
    ザガーロは、プロペシアより強く男性ホルモンのはたらきを抑えることができるAGA治療薬です。新しいお薬ですが、AGA(男性型脱毛症)に対してより高い効果があることがわかっています。詳しい発毛データやザガーロがどんなお薬か解説していきます。

  • ミノキシジルとは

    ミノキシジルとは
    ミノキシジルは男女兼用の育毛剤成分です。髪の成長に必要な栄養などを補給するために欠かせない血管を拡げることで、髪の成長をサポートするはたらきがあります。他の薄毛治療薬と併用することもでき、相乗効果が期待できます。

  • BENEV療法とは

    BENEV療法とは
    毛髪再生医療の1つBENEV療法は、成長因子を頭皮に直接注入する治療方法です。頭皮に直接注入することで眠っていた発毛力を目覚めさせ、ふたたび髪の成長を期待することができます。男性のみならず、女性の薄毛にも効果が期待できる最先端の治療方法になります。

  • プロペシアやザガーロの子作りへの影響について

    プロペシアやザガーロの子作りへの影響について
    男性専用のお薬である「プロペシア」と「ザガーロ」。どちらも基本的には女性が服用することはできません。ただ服用している男性と子作りの予定がある場合、影響があるのでしょうか。臨床試験データをもとに子作りへの影響を解説していきます。

  • プロペシアやザガーロの女性化について

    プロペシアやザガーロの女性化について
    プロペシアやザガーロは長期の服用で、副作用の影響でまれに乳房化が起こることがあります。男性なのに胸が膨らむのは・・・と心配される方もいらっしゃいます。どのくらいの確率で乳房化が起こるのか、臨床試験データをもとに解説します。

  • フィナステリド錠「ファイザー」とは

    フィナステリド錠「ファイザー」とは
    AGA治療薬プロペシアのジェネリックであるフィナステリド錠。先発薬と同じ成分・製法で作られ、安価な点がメリットですが、効き目などに違いはないのでしょうか。ファイザー社製のフィナステリド錠について、プロペシアとの違いなどを解説します。

カウンセリング予約