ミノキシジルとは

ミノキシジルは頭皮の血流を改善することで育毛効果を発揮します。お薬の成分量によっては男性だけでなく女性も使用可能です。

ミノキシジルとは
~ミノキシジルについて~

市販薬の育毛剤の中にも含まれるミノキシジルは、頭皮の血流を良くすることで毛根を元気にします。髪の成長を補うことで、太くてコシのある髪の成長を助けてくれる育毛成分となっています。健康な髪の成長はもちろん、飲む薄毛治療薬と呼ばれる「プロペシア」や「ザガーロ」と併用すれば、より高い薄毛治療効果を発揮します。また女性の薄毛にもミノキシジル濃度1%で使用することが可能となっています。

育毛成分であるミノキシジルは、もともと高血圧症の治療薬として開発された成分になります。1979年のアメリカで高血圧の患者さんに処方したところ、服用中の患者さんの多くに「多毛症」の副作用が認められました。これを機に育毛剤の成分としての研究が進められ、その後1988年アメリカで世界初のミノキシジルを含んだ育毛剤「ロゲイン」が誕生しました。

ミノキシジルは頭皮環境を改善することで、発毛を促す効果を発揮します。この成分を含有した育毛剤は主に外用薬(塗り薬)でしたが、最近では内服薬(飲み薬)のミノキシジルも登場しています。また女性の数少ない薄毛治療の選択肢ともなっています。ここではミノキシジルの効果や副作用、飲み方や他のAGA治療薬との違いなどを解説していきます。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果

髪の毛を成長させるためには、毛根を活発化させなくてはなりません。毛根の中には髪の毛をつくるための非常に重要な2つの組織があります。

毛乳頭 : 頭皮を走る毛細血管から髪の毛の成長に必要な酸素や栄養素を受け取る
毛母細胞 : 毛乳頭から送られる酸素や栄養素をもとに細胞分裂をし、髪の毛を成長させる

頭皮から生えている髪の毛は、毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことでつくられています。ですが毛母細胞が細胞分裂をするためには、毛乳頭から酸素や栄養素を受け取らなくてはなりません。

ミノキシジルは"育毛剤"と呼ばれていますが、「血管拡張作用」があるお薬です。頭皮に作用することで、毛細血管の血流を改善してくれます。すると毛乳頭にはより多くの酸素や栄養素が血液を通して送り届けられ、毛母細胞も活発に細胞分裂を行うようになることで育毛効果が発揮されるのです。

ミノキシジル

頭皮の血流改善

毛乳頭が酸素などをキャッチ

毛母細胞が活性化

育毛

またAGAを発症するとヘアサイクルが乱れ、髪の毛が十分に成長しないまま抜けるようになってしまいます。ミノキシジルの作用によって毛根の細胞を活発にし、ヘアサイクルの乱れを改善することで育毛効果が期待できます。

ミノキシジルの初期脱毛

育毛剤を使い始めた時期に、使い始める前よりも抜け毛が増える「初期脱毛」がおこることがあります。初期脱毛は、ミノキシジルでも報告されています。これでは逆効果なのでは?と感じてしまいますが、初期脱毛は悪いことではありません。むしろ「ミノキシジルが効いている」というサインと捉えることができます。

髪の毛が生えてから、抜けるまでの期間を表すヘアサイクルには3つの時期があります。

成長期 → 髪の毛が生え成長する時期
退行期 → 髪の毛の成長が止まる時期
休止期 → 成長が止り髪の毛が抜けるまでの時期

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉男性ホルモンが原因でおこりますが、このホルモンはヘアサイクルを乱して成長期を大幅に短くします。そのためAGAを発症すると抜け毛が増えたり、髪の毛が細くなったりするのです。

ですがミノキシジルが頭皮に作用すると、毛根の中の細胞は活発化します。DHTの影響により乱れていたヘアサイクルも改善され、再び毛根内が成長期へと移行します。この時に古い髪の毛が新しい髪の毛に押し出されて、初期脱毛がおこるのです。

ミノキシジルタブレットについて

ミノキシジルは基本的に、外用薬として用いられる育毛成分です。ですが近年では「ミノキシジルタブレット」「ミノタブ」などと呼ばれる内服薬も登場しています。ミノキシジルタブレットはからだの内から作用します。そのため従来の外用薬よりも育毛効果が高く、特に生え際への薄毛改善効果に優れると言われています。

ただしお薬の効き目が高まるというのは、メリットばかりではありません。外用薬のミノキシジルと比べて、副作用がおこりやすくなるということには注意が必要です。

なおミノキシジルタブレットは、国内ではまだ認可されていません。国内における正規の入手方法は、AGAクリニックや皮膚科からの処方のみとなります。

ですが近年では「個人輸入代行」による通販サイトで、個人でもミノキシジルタブレットを購入することが可能になっています。「安い・購入が楽」と一見良いことずくめのように思えますが、こうした通販サイトにはいくつかの落とし穴があります。

  • ニセ薬の可能性
  • 副作用が生じた時に救済されない

通販サイトを介して自宅に届くミノキシジルタブレットが、必ずしも本物だとは限りません。成分の量が多い・少ない、有害な成分が使われているなんてことがあるかもしれないのです。効き目がなかっただけならまだしも、服用により重い副作用がおこり取り返しがつかない事態になることもありえます。

また副作用が生じたとしても、その通販サイトから購入したお薬が原因であれば「医薬品副作用被害救済制度」を受けることができません。医薬品を適正に使用していたにもかかわらず、健康被害が生じた時に医療費の給付を受けられる制度のことです。この制度が適用されるのは病院で処方された、あるいは薬局で購入したお薬だけなので、通販サイトのお薬により副作用がおこっても救済制度がありません。

ご自身の健康を守るため、ミノキシジルタブレットだけにかかわらずお薬は国内で認可された正規品を使うことをお勧めします。

ミノキシジルの有効性

ミノキシジルの有効性

ミノキシジルの有効性については、多くの臨床試験により確認されています。日本皮膚科学会が定めるAGA診療ガイドラインにおいても、ミノキシジルの推奨度は最も良い「A」評価をもらっているほどです。

これまで「1%」「2%」「3%」「5%」とミノキシジルの濃度が異なる様々な育毛剤が登場しています。基本的には、これらの濃度と効果の高さは比例します。

ミノキシジル含有育毛剤「リアップ」を開発した大正製薬からは、次のようなデータが公開されています。

1平方センチあたりの総毛髪数の変化

4週間の使用 ミノキシジル1%(0.8本)/5%(1.4本)
8週間の使用 ミノキシジル1%(14.3本/5%(19.0本)
12週間の使用 ミノキシジル1%(17.2本)/5%(23.7本)
16週間の使用 ミノキシジル1%(17.2本)/5%(22.3本)
20週間の使用 ミノキシジル1%(15.3本)/5%(21.4本)
24週間の使用 ミノキシジル1%(15.4本)/5%(21.8本)

臨床データから、ミノキシジルにどの程度の有効性があるか分かります。濃度に関しても、ミノキシジル1%よりも5%の方が明らかに効果は高まっています。またミノキシジルは使い続けるほど育毛効果を実感できます。

またミノキシジル5%について、被験者の方の満足度を調査した臨床データもあります。自分自身の髪の毛の状態を5段階で評価してもらったところ、ミノキシジル5%を52週間(約1年)使用した後では次のような結果になりました。

非常に良くなった 12.0%
良くなった 42.0%
少し良くなった 34.0%
変わらなかった 10.0%
悪くなった 2.0%

どんなお薬にも、効き目には個人差があります。ミノキシジルに関しては「非常に良くなった」「良くなった」を合わせると、2人に1人の割合で効き目を実感できています。

この結果を高いと見るか低いと見るかは人それぞれでしょう。しかしミノキシジルは、AGAに対して有効なお薬の1つであるということは確かです。

※参照:日本皮膚科学会

※参照:大正製薬

プロペシアやザガーロとの違い

プロペシアやザガーロとの違い

AGA治療薬には「プロペシア」や「ザガーロ」などのお薬もあります。これらのお薬とミノキシジルにはどのような違いがあるのでしょうか。

まずミノキシジルは、血管拡張作用を持つ育毛剤です。頭皮の血流を改善することで、育毛効果を発揮します。

一方でプロペシアやザガーロなどは、「5αリダクターゼ阻害剤」と呼ばれます。AGAを引き起こすDHTですが、DHTはテストステロンという男性ホルモンに5αリダクターゼという酵素が結びつくことでつくられます。プロペシアやザガーロなどは5αリダクターゼのはたらきを阻害することで、脱毛の進行を抑えたり、発毛の効果が期待できます。

このようにミノキシジルとプロペシア・ザガーロは、効果のメカニズムが全く異なります。ですが優劣がある訳ではありません。ミノキシジルとプロペシア、あるいはミノキシジルとザガーロを組み合わせることで相乗効果が期待できます。当院ではミノキシジルとプロペシア、さらに髪の毛の成長させるサプリメントを組み合わせたオリジナル発毛薬『リクレシタ』を取り扱っています。

女性も使用できるミノキシジル

女性も使用できるミノキシジル

AGAは男性だけに見られ、徐々に抜け毛が進行していく脱毛症です。ですが脱毛症というのは、男性だけのものではありません。FAGA(女性男性型脱毛症)という女性の脱毛症もあります。

AGA治療薬にはプロペシアやザガーロがありますが、これらのお薬は女性の薄毛に対する改善効果が認められていません。また妊娠中、授乳中の女性が服用した場合、男性胎児の発育不良をおこす恐れもあります。

一方のミノキシジルですが、女性の薄毛に使用されることもあります。日本皮膚科学会が定めるAGA診療ガイドラインでも女性へのミノキシジルの推奨度は「A」となっています。ミノキシジルは男性のみならず、女性の薄毛改善もサポートしてくれます。

ミノキシジルの使い方

ミノキシジルの使い方

ミノキシジルの使い方は、外用薬と内服薬とで異なります。

外用薬 : 1回1mlを1日2回、薄毛が気になる部位に塗布
内服薬 : 1日5mgを1日1~2回に分けて服用

なお内服薬のミノキシジルの場合、1日10mgまで増量することもあります。ただし1日5mgでも効果が薄く、かつ増量しても副作用がおこらないか確認できた場合のみです。

使い方のポイント

  • 薄毛が気になる部位に塗る
  • 決まったタイミングで使用

外用薬のミノキシジルを使用する場合は、薄毛が気になる部位にだけ塗るようにします。お薬を手のひらや指にとり、伸ばしてから頭皮をマッサージするように塗り込んでください。この時に頭皮全体に塗ったり、ムラができたりしないように注意しましょう。

また外用薬・内用薬のどちらにも言えることですが、ミノキシジルは使用のタイミングが特に決まっている訳ではありません。ですが1日2回の場合は朝と晩に使用するなど、毎日決まったタイミングで使用することがオススメです。こうすることで頭皮には一定の量のミノキシジルが保たれるようになります。

効き目がでるまでの期間

ミノキシジルは、使い始めてすぐに効果が現れる育毛剤ではありません。早い場合は3~4ヶ月ほどで効果がでることがあります。しかし通常は少なくとも6ヶ月間、毎日使い続けなければミノキシジルの効果は確認できません。外用薬・内服薬、どちらにも言えることです。

ただし1年間使用しても育毛効果が見られない場合、医師にご相談ください。

ミノキシジルを服用してはいけない方

ミノキシジルを服用してはいけない方

ミノキシジルは育毛成分として世界的に有名であり、これまで多くの方に使われてきた育毛剤です。ですが誰でも使用できる訳ではなく、人によっては使用できないあるいは健康を害することもあります。下記の条件に当てはまる場合は注意してください。

成分ミノキシジルに過敏症の既往歴がある

これまでに成分ミノキシジルにアレルギー(過敏症)をおこした経験がある方は、ミノキシジルを使用することはできません。もし使用してしまうとアナフィラキシー・ショックなどを起こす恐れがあります。リクレシタをお求めの方でミノキシジルにアレルギーの経験がある場合、必ず医師にお伝えください。

妊娠中、または授乳中の女性

妊婦の女性に対するミノキシジルの安全性は確立されていません。なお妊娠中におこる抜け毛に関しても、ミノキシジルの有効性はありません。またミノキシジルが母乳に成分が移行することがあります。こどもの健康を害する恐れがあるので、授乳中の方はミノキシジルの使用を避けるようにしてください。

20歳未満の未成年者

ミノキシジルは20歳未満の方を対象とした臨床試験を行っていません。そのため未成年者の方には、ミノキシジルの安全性や有効性が確認されていません。

原因不明、またはAGA以外の脱毛症(円形脱毛症など)の患者さん

ミノキシジルは男性のAGA、女性のFAGAのような進行性の脱毛症を治療する育毛剤です。円形脱毛症など、その他の脱毛症の治療には適していません。

急激な脱毛、斑状の抜け毛が見られる場合

急激な脱毛がおきた、あるいは斑状の抜け毛が見られた場合はAGA以外の脱毛症と考えられます。この場合は専門医に相談し、ミノキシジル以外の治療方法をお試しください。

ミノキシジルの注意点

ミノキシジルの注意点

ミノキシジルには、次のような注意点があります。育毛効果をしっかりと実感するためにも、必ず守りましょう。

用法・用量を守る

ミノキシジルは決められた用法・用量より多く使用しても、効果がより高まるということがありません。むしろ副作用のリスクが高まる恐れがあるので、用法・用量を守って使用してください。

アルコールの摂取に注意

ミノキシジルは、血管を拡張させる作用をもつ成分です。アルコールにも同じような作用があるため、安全のためにもミノキシジルの使用前7時間以内は飲酒やアルコールがはいった食品の摂取は控えてください。

キズや湿疹がある場合は使用しない

頭皮にキズや湿疹などがある場合、ミノキシジルの使用は控えてください。症状を悪化させる恐れがあります。

ミノキシジルと飲み合わせが悪い薬

ミノキシジルと飲み合わせが悪い薬

ミノキシジルには、飲み合わせに注意が必要なお薬の組み合わせは特にありません。そのためプロペシアやザガーロなど、他のAGA治療薬との併用も可能です。

ただし塗るタイプのミノキシジルを使用する際、他の外用薬の頭皮への使用は避けるようにしてください。成分の吸収が悪くなり、ミノキシジルの効果が弱まることがあります。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用

お薬には副作用がつきものです。ミノキシジルを使用する際でも、副作用がおこる確率はゼロではありません。

ミノキシジルは、血管拡張作用を持つお薬です。この作用が頭皮に働くことで育毛効果が発揮されますが、時には次のような副作用をおこすこともあります。

  • めまい
  • 頭痛
  • 動悸

など

これらの症状は、ミノキシジルが血圧を下げてしまうためにおこります。特に飲酒・喫煙の量が多い、食生活のバランスが悪いなど生活習慣に問題がある方に副作用がおこりやすいという報告もあります。外用薬のミノキシジルを使った際に副作用が気になる場合、生活習慣を見直してみることも選択肢の1つです。

またお薬には有効成分だけでなく、添加物も含まれていることが多いです。添加物には有効成分の効きを良くする、お薬の品質を保つなど様々な目的があります。

ですが外用薬のミノキシジルでは、この添加物によって副作用がおこることがあります。

  • かゆみ
  • 発疹
  • 紅斑

など

これらの症状は、ミノキシジルを塗った部位に現れます。添加物が頭皮への刺激となり、アレルギー反応をおこしてしまうのです。

重い副作用症状

重い副作用症状

ミノキシジルに関する重い副作用症状は、特に報告されていません。ただし外用薬と内服薬とでは、基本的に内服薬の方が体内に取り込む分だけ副作用もおこりやすくなると考えられます。ミノキシジルの使用により何らかの副作用が生じた場合は、ただちに医師にご相談ください。

最後に

最後に

ミノキシジルは、国内でも知名度が高い育毛剤です。ここまでご紹介してきたように、確かな育毛効果も期待できます。当院ではプロペシアやザガーロなどのAGA治療薬を取り扱っていますが、ミノキシジルはそれらのお薬といっしょに服用することも可能です。そうすることでより良い効果が発揮されます。

すでにどちらかのお薬を使用していて効き目が物足りない方は、ミノキシジルとプロペシア、ザガーロの併用や当院オリジナル発毛薬の『リクレシタ』をお試しください。

男性の薄毛治療についての記事一覧

  • 男性の薄毛治療とは

    男性の薄毛治療とは
    男性の薄毛治療に疑問を持つ方は少なくありません。「ホントに生える?」「一体いくらかかるの?」と治療に不安を感じる男性は多いです。不安がない治療を受けていただくためにも、当院で取扱のある治療方法やその費用についてご紹介します。

  • AGA治療薬とは

    AGA治療薬とは
    男性の薄毛治療を支えるのがAGA治療薬です。脱毛の進行を抑えたり、発毛促進、髪の成長をサポートするものまで、豊富な種類があります。ここではAGA治療薬の紹介から、使用するお薬に対しての疑問などにお答えしています。

  • 毛髪再生医療とは

    毛髪再生医療とは
    毛髪再生医療は、お薬を飲まずに薄毛改善効果が期待できる最新の治療方法になります。また毎日治療する必要はなく、定期的な通院のみで効果が期待できるのも大きなメリットとなります。従来の治療とは異なる毛髪再生医療について、詳しく解説していきます。

  • プロペシアとは

    プロペシアとは
    プロペシアは、世界でもはじめて専門医が処方する飲む薄毛治療薬です。AGA(男性型脱毛症)が病気として認知されるきっかけにもなったお薬で、続けて服用することで脱毛の進行を抑えます。プロペシアがどんなお薬なのか、詳しく解説していきます。

  • ザガーロとは

    ザガーロとは
    ザガーロは、プロペシアより強く男性ホルモンのはたらきを抑えることができるAGA治療薬です。新しいお薬ですが、AGA(男性型脱毛症)に対してより高い効果があることがわかっています。詳しい発毛データやザガーロがどんなお薬か解説していきます。

  • ミノキシジルとは

    ミノキシジルとは
    ミノキシジルは男女兼用の育毛剤成分です。髪の成長に必要な栄養などを補給するために欠かせない血管を拡げることで、髪の成長をサポートするはたらきがあります。他の薄毛治療薬と併用することもでき、相乗効果が期待できます。

  • BENEV療法とは

    BENEV療法とは
    毛髪再生医療の1つBENEV療法は、成長因子を頭皮に直接注入する治療方法です。頭皮に直接注入することで眠っていた発毛力を目覚めさせ、ふたたび髪の成長を期待することができます。男性のみならず、女性の薄毛にも効果が期待できる最先端の治療方法になります。

  • プロペシアやザガーロの子作りへの影響について

    プロペシアやザガーロの子作りへの影響について
    男性専用のお薬である「プロペシア」と「ザガーロ」。どちらも基本的には女性が服用することはできません。ただ服用している男性と子作りの予定がある場合、影響があるのでしょうか。臨床試験データをもとに子作りへの影響を解説していきます。

  • プロペシアやザガーロの女性化について

    プロペシアやザガーロの女性化について
    プロペシアやザガーロは長期の服用で、副作用の影響でまれに乳房化が起こることがあります。男性なのに胸が膨らむのは・・・と心配される方もいらっしゃいます。どのくらいの確率で乳房化が起こるのか、臨床試験データをもとに解説します。

  • フィナステリド錠「ファイザー」とは

    フィナステリド錠「ファイザー」とは
    AGA治療薬プロペシアのジェネリックであるフィナステリド錠。先発薬と同じ成分・製法で作られ、安価な点がメリットですが、効き目などに違いはないのでしょうか。ファイザー社製のフィナステリド錠について、プロペシアとの違いなどを解説します。

カウンセリング予約