プロペシアとは

プロペシアはDHTのはたらきを阻害し、ヘアサイクルの乱れを改善して抜け毛や薄毛の進行を抑えるAGA治療薬です。

~プロペシアについて~

国内で薄毛に悩む男性は増加の一途をたどっています。ヘアケア用品で対処している方も多いようですが、誤った頭皮ケアでは薄毛を改善することは難しいです。

プロペシアは医療用医薬品となり、薄毛への効果なども多くのデータから有効であることがわかっているお薬になります。日本皮膚科学会でもAGA治療への推奨度は「強く勧める」となっており、市販薬とは異なるアプローチで薄毛を改善することができます。

プロペシアとは、国内で2005年12月14日より販売がスタートされているAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。医師が処方する世界初のAGA治療薬になり、世界60ヶ国以上で処方され多くの薄毛に悩む男性の治療に役立てられています。プロペシアが登場するまで、AGA治療薬には"塗り薬"しかありませんでした。

しかしプロペシアの剤型は錠剤、つまり"飲み薬"になり男性の薄毛治療の選択肢を広げました。従来の治療薬であるミノキシジルとの併用も可能で、薄毛治療に相乗効果を期待できます。

AGAは、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれるホルモンが原因で起こる進行性の脱毛症になります。プロペシアはDHTが作られないようにすることで、脱毛が進行するのを抑えることができます。

プロペシアの中身の成分フィナステリドは、「プロスカー」という男性の前立腺肥大症の治療薬にも使われている成分となります。フィナステリドは、北米やメキシコに自生するノコギリヤシという植物の成分の研究によって開発されました。

またフィナステリドはかつて、筋肉増強剤を使用していることを隠す作用があるためWADA(世界アンチ・ドーピング機関)によってドーピング剤の1つとして指定されていました。しかし検査技術が向上しフィナステリドを使用していても筋肉増強剤を検出できるようになったため、フィナステリドは2009年からドーピング剤ではなくなりました。

ここでは成分フィナステリドを含有するプロペシアに関して、その効果や副作用、飲み方、ジェネリック医薬品のことなどを解説していきます。

プロペシアの処方

プロペシアの処方

プロペシアの処方までの流れは以下のようになります。

クリニックに来院 → 問診 → 処方

処方までには10~15分ほどになります。

またAGA治療は「自由診療」となるので、健康保険の適用がありません。保険がきかない治療となるので、保険証の提出も必要ありません。またプロペシアも薬価基準未収載となることから、処方も自費負担となります。

初回 ・・・ 4,200円
2回目以降 ・・・ 7,000円

剤形は錠剤になり、初回はお得な料金でご購入いただけます。

プロペシアの効果

プロペシアの効果

AGA(男性型脱毛症)の原因となるDHTは、次のように作られます。

テストステロン + 5αリダクターゼ = DHT(ジヒドロテストステロン)

テストステロンとは骨格や筋肉などを発達させる、いわゆる"男らしさ"を作ってくれる男性ホルモンです。このテストステロンが5αリダクターゼという酵素によって変換され、DHTと呼ばれる悪玉男性ホルモンになるのです。

ですがDHTは、直接薄毛や脱毛といった症状を引き起こす訳ではありません。DHTは毛根の中にある男性ホルモン受容体と結びつき、TGF-βを増やします。

DHT → 男性ホルモン受容体 → TGF-β

TGF-βとは脱毛因子になり、「髪の毛が抜ける」ように命令を出して髪の成長期をどんどん短くします。すると髪は十分に成長できないまま抜け落ち、薄毛や抜け毛がどんどん進行してしまうのです。プロペシアには5αリダクターゼのはたらきを邪魔し、テストステロンからDHTがつくられるのを防ぐ作用があります。このことからプロペシアは5αリダクターゼ阻害薬と呼ばれます。

5αリダクターゼを阻害することでDHTがつくられるのを抑制し、その結果TGF-βがつくられなくなりAGAの症状を改善することができます。

プロペシアの有効性

プロペシアの有効性

効果を見て分かるとおり、プロペシアは薄毛や抜け毛の症状を抑えるために有効なお薬です。日本皮膚科学会の発表でも、AGAへの有効性は高いと判断されています。

「A」「B」「C1」「C2」「D」の5段階の推奨度の中でプロペシアは「A」評価となり、推奨文にも「男性型脱毛症にはフィナステリド内服を行うよう強く勧める」とあります。

一方で女性の薄毛であるFAGA(女性男性型脱毛症)への使用は行うべきではないとしていることには注意が必要です。ですがプロペシアの有効性は、実際どれほどのものなのでしょうか。国内の臨床試験において、プロペシア1mgの服用によりAGAの症状が改善、あるいは維持された患者さんの割合は次のような結果となっています。

1年間の服用 → 改善(58%)/維持(40%)
2年間の服用 → 改善(68%)/維持(31%)
3年間の服用 → 改善(78%)/維持(20%)

これらの結果を合算すると、プロペシア1mgの服用により約98%のAGA患者さんに有効性があったということになります。

しかしこれは、20~50歳のAGA以外は心身ともに健康な中等度までのAGA患者さんを対照としたデータです。症状や年齢により効果の期待値が下がるかもしれないことに注意してください。

またこのデータで「維持された」と答えた患者さんはAGAの進行は抑えられているものの、髪が増えた訳ではありません。プロペシアの添付文書における効果・効能の欄にも、「男性における男性型脱毛症の進行遅延」と書かれています。

つまりプロペシアは人によって発毛効果を期待できますが、あくまでも現状維持のために服用するお薬だと思った方が良いでしょう。

プロペシアの飲み方

プロペシアの飲み方

プロペシアの飲み方は、次のとおりです。

フィナステリド0.2mgを1日1回の服用

なお、必要に応じて増量することもできますが、1日1mgが上限となります。

飲み方のポイント

  • 割って飲まない
  • 食前/食後をとわず服用可能

プロペシアを割って服用した場合の効果や安全性は確認されていません。服用する前に割ったり、噛み砕いたりすることなく水といっしょに飲んでください。

またプロペシアの効果を実感するためには、毎日の服用を継続することが大切です。特に服用のタイミングは決まっていませんが、飲み忘れを防ぐためにも毎日決まった時間帯に飲むことをオススメします。

効き目がでるまでの期間

プロペシアはどのくらいで効き始めるのでしょうか。毎日服用した場合、早い方だと3ヶ月で効果が現れることがあります。ですがプロペシアが薄毛治療に効果を発揮しているかを判断するためには、最低6ヶ月の服用となります。6ヶ月以上服用してもAGAの症状が改善されない場合、服用を中止し他の治療方法を検討する必要があります。

またプロペシアによってAGAの症状が改善されても、服用をやめると再び抜け毛が進行します。もし6ヶ月以上服用を続ける場合は定期的に効果を確認し、AGA治療を継続するかについては医師にご相談ください。

プロペシアの初期脱毛

プロペシアの服用を始めると、初期脱毛が起こることがあります。「抜け毛を抑えるための治療なのに・・・」と思われるかもしれませんが、心配はいりません。初期脱毛は、むしろプロペシアが効き始めたサインになります。

髪の毛には成長期・退行期・休止期からなるヘアサイクルがあります。

成長期 → 髪の毛が生え、成長する時期
退行期 → 髪の毛の成長が止まる時期
休止期 → 成長が止まった髪の毛が、抜けるまでの時期

AGAを発症すると成長期が短くなってしまい、髪の毛はしっかりと育たずに細く・弱くなってしまいます。プロペシアはこうしたヘアサイクルの乱れを改善するお薬です。

短縮されていた成長期が改善され、新しい髪の毛が再び成長します。この時に古い髪の毛が新しい髪の毛に押し出され、抜けてしまうのが初期脱毛なのです。

初期脱毛の後には再び健康な髪の毛が育ってくるので、ご安心ください。

プロペシアを服用してはいけない方

プロペシアを服用してはいけない方

すでに国内でも多くのAGAに悩む男性へ処方されているプロペシアですが、誰でも服用できるわけではありません。下記の条件に当てはまる場合、プロペシアの処方を受けられないあるいは、服用すると重い副作用が起こるおそれがあります。

プロペシアの成分フィナステリドに過敏症の既往歴がある

プロペシアの成分フィナステリドにアレルギー(過敏症)の経験がある方は、プロペシアを服用することはできません。もし服用してしまうとアナフィラキシー・ショックなどを起こす恐れがあります。

またプロペシアの錠剤の中には、他にも次のような成分が含まれています。

  • 結晶セルロース
  • 乳糖水和物
  • 部分アルファー化デンプン
  • デンプングリコール酸ナトリウム
  • ジオクチルソジウムスルホサクシネート
  • ステアリン酸マグネシウム
  • ヒプロメロース
  • ヒドロキシプロピルセルロース
  • 酸化チタン
  • タルク
  • 三二酸化鉄
  • 黄色三二酸化鉄
  • カルナウバロウ

アレルギーの経験があれば、プロペシアを服用する前に必ず医師にお伝えください。

妊婦、妊娠している可能性のある女性及び授乳中の女性

プロペシアはDHTが作られるの抑えることでAGAの改善効果を発揮するお薬です。ホルモンに影響するお薬になることから、妊娠適齢期にある女性が服用することはできません。

またDHTは、男性胎児の正常な発育に欠かせないホルモンです。妊娠中あるいは妊娠の可能性がある女性、及び授乳中の女性がプロペシアを服用するとお腹のこどもの成長に深刻な影響を及ぼす恐れがあります。

プロペシアの注意点

プロペシアの注意点

プロペシアの服用を始める際には、いくつかの注意点があります。中には健康に関わるものもあるので、必ずお守りください。

未成年の方には処方できない

プロペシアは20歳未満の方への安全性・有効性は確認されていません。当院でも、未成年への処方は行っていません。

前立腺ガンの検査を受ける予定がある方は医師にプロペシア服用を伝える

プロペシアの成分フィナステリドは前立腺ガンの検査値(PSA値)に影響を与えてしまいます。正しい検査値をはかるため、検査をうける際には担当の医師にプロペシアを服用していることを必ず伝えてください。

輸血や献血はできない

プロペシアの服用中は、輸血や献血をしないようにしてください。中身の成分が血液を介して妊娠中あるいは授乳中の女性の体内に移行するのを防ぐためです。ですが1ヶ月間、プロペシアの服用を中止すれば輸血や献血が可能になります。

肝機能障害のある患者さん

成分フィナステリドは、肝臓で代謝されます。しかし肝機能障害がある患者さんがプロペシアを服用した際の安全性は確認されておらず、また服用中に肝機能に異常をきたすことがあると報告されています。肝機能障害のある患者さんがプロペシアを服用する場合は、担当の医師にご相談ください。

プロペシアと飲み合わせが悪い薬

プロペシアと飲み合わせが悪い薬

お薬には、いっしょに服用することで効き目が強まったり、反対に効き目が弱まる組み合わせがあります。また副作用のリスクが高まることもあります。

プロペシアにはこうした飲み合わせの注意がありませんので、他のお薬とも問題なく併用が可能です。心配な場合は医師にご相談ください。

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用

どんなお薬でも服用の際に気になるのが、副作用です。プロペシアは安全性に優れるお薬ですが、やはり副作用が起こる可能性はあります。主な副作用が、次のような性機能障害です。

  • 性欲の減退
  • ED(勃起不全)

これらの性機能障害はめったに現れる症状ではありません。

性機能障害がおこる確率

プロペシアとプラセボ(偽薬)を用いた48週間の二重盲検比較試験において、副作用がおきたのは276例のうち4.0%(11例)でした。主に性機能障害が報告されており、内訳は次のとおりです。

性欲の減退 ・・・ 1.1%(3例)
ED(勃起不全) ・・・ 0.7%(2例)

プロペシアの服用を始める際、特に「EDになるのでは・・・」と心配される患者さんが多くいらっしゃいます。ですがプロペシアの服用によってEDの副作用が起こる確率は、ごくわずかなものです。心配のしすぎは心因性EDをまねく恐れもあるので、気にしすぎは禁物です。

重い副作用症状

重い副作用症状

プロペシアの服用による重い副作用として「肝機能障害」が起こることがあります。非常にまれな症状ですが、海外において報告されています。以下のような初期症状が現れた時には注意してください。

  • 食欲がなくなる
  • 体重が減少
  • 全身の倦怠感
  • からだが疲れやすい
  • 吐き気
  • 尿の色が茶褐色

など

この他にも気になる症状があれば、すぐ医師にご相談ください。

プロペシア・ジェネリックについて

プロペシア・ジェネリックについて

ジェネリック医薬品とは、先発薬の特許期間が切れた後に同じ成分・製法でつくられる後発医薬品です。お薬をゼロから開発する場合と比べると開発のための費用や時間もかからないため、先発薬よりも安価で販売することが可能になっています。

MSD社が製造販売をおこなうプロペシアにも、多数のジェネリック医薬品が登場しています。国内初のプロペシア・ジェネリックとして登場したのは、ファイザー社が2015年4月6日より販売をスタートした『フィナステリド錠0.2・1mg「ファイザー」』です。翌年の2016年からはあすか製薬、東和薬品、武田薬品、クラシエなどの製薬会社からも次々とプロペシア・ジェネリックが販売されています。

ですが本来、国内におけるプロペシアの特許期間は2019年10月11日まで存続しているはずです。プロペシアの特許期間が切れる前に、なぜMSD社がジェネリックの発売を承認したのか。その真相は明らかではありません。

プロペシア・ジェネリックのニセ薬に注意

近年では世界的にニセ薬の流通が問題となっています。ニセ薬とは、例えば次のようなお薬のことです。

  • 有効成分が含まれていない
  • 成分が薄められている
  • からだに害がある物質が含まれている

など

プロペシアにも、ニセ薬が存在することを確認されています。その主な流通経路は、インターネットでの個人輸入代行サイトです。

個人輸入代行サイトを覗いてみると、特にインド製のジェネリック医薬品が多く見受けられます。当院が確認したところ、インド製のプロペシア・ジェネリックには次のような商品がありました。

  • フィンペシア
  • フィナロ
  • フィナバルト

など

国内の医療機関で手に入るプロペシアと比べると、これらのインド製プロペシア・ジェネリックは10分の1程度の価格で購入することができます。プロペシアは毎日服用するお薬なので、AGAに悩む患者さんにとって"安いプロペシア"は魅力的に映ることでしょう。

しかし国内に流通しているインド製プロペシア・ジェネリックには、正規ルートは一切存在しません。つまり実際に手に入るフィンペシアやフィナロなどのお薬は、ニセ薬である確率も非常に高いのです。個人輸入代行サイトで手に入るものはもちろん、AGAクリニックのような医療機関から処方してもらったものでもニセ薬のリスクは否定できません。

また医薬品の服用により副作用が起きた時には、「医薬品副作用救済制度」を受けることができます。お薬を正しく使ったにも関わらず、入院が必要になるほど重い健康被害が生じた時に医療費の給付を受けることができる制度です。ただし、この制度を受けられるのは病院や診療所での処方、あるいは薬局などで購入したお薬を服用した時だけになります。

では個人輸入代行サイトから購入したお薬によって重い副作用が起きたとしたら、どうなるでしょうか。もしもそのお薬がニセ薬であった場合、健康を害するような成分が含まれている可能性も否定できません。ですがそれによってからだを壊してしまっても、何の保障も受けられないのです。

「安いから」といって個人輸入代行サイトでお薬を購入する前に、その裏に潜む怖さを忘れてはいけません。

最後に

最後に

プロペシアは、すでに多くの方に服用されているAGA治療薬です。単独でも優れたAGA治療効果を発揮しますが、当院で採用している最新の毛髪再生治療「BENEV(ベネブ)療法」と組み合わせると、さらなる相乗効果が期待できます。

また当院ではプロペシアに育毛成分「ミノキシジル」、そして髪の成長に効く「サプリメント」の3つを組み合わせたオリジナル発毛剤『リクレシタ』の取扱もございます。AGAにお悩みの方は、ぜひ一度当院をお訪ねください。

男性の薄毛治療についての記事一覧

  • 男性の薄毛治療とは

    男性の薄毛治療とは
    男性の薄毛治療に疑問を持つ方は少なくありません。「ホントに生える?」「一体いくらかかるの?」と治療に不安を感じる男性は多いです。不安がない治療を受けていただくためにも、当院で取扱のある治療方法やその費用についてご紹介します。

  • AGA治療薬とは

    AGA治療薬とは
    男性の薄毛治療を支えるのがAGA治療薬です。脱毛の進行を抑えたり、発毛促進、髪の成長をサポートするものまで、豊富な種類があります。ここではAGA治療薬の紹介から、使用するお薬に対しての疑問などにお答えしています。

  • 毛髪再生医療とは

    毛髪再生医療とは
    毛髪再生医療は、お薬を飲まずに薄毛改善効果が期待できる最新の治療方法になります。また毎日治療する必要はなく、定期的な通院のみで効果が期待できるのも大きなメリットとなります。従来の治療とは異なる毛髪再生医療について、詳しく解説していきます。

  • プロペシアとは

    プロペシアとは
    プロペシアは、世界でもはじめて専門医が処方する飲む薄毛治療薬です。AGA(男性型脱毛症)が病気として認知されるきっかけにもなったお薬で、続けて服用することで脱毛の進行を抑えます。プロペシアがどんなお薬なのか、詳しく解説していきます。

  • ザガーロとは

    ザガーロとは
    ザガーロは、プロペシアより強く男性ホルモンのはたらきを抑えることができるAGA治療薬です。新しいお薬ですが、AGA(男性型脱毛症)に対してより高い効果があることがわかっています。詳しい発毛データやザガーロがどんなお薬か解説していきます。

  • ミノキシジルとは

    ミノキシジルとは
    ミノキシジルは男女兼用の育毛剤成分です。髪の成長に必要な栄養などを補給するために欠かせない血管を拡げることで、髪の成長をサポートするはたらきがあります。他の薄毛治療薬と併用することもでき、相乗効果が期待できます。

  • BENEV療法とは

    BENEV療法とは
    毛髪再生医療の1つBENEV療法は、成長因子を頭皮に直接注入する治療方法です。頭皮に直接注入することで眠っていた発毛力を目覚めさせ、ふたたび髪の成長を期待することができます。男性のみならず、女性の薄毛にも効果が期待できる最先端の治療方法になります。

  • プロペシアやザガーロの子作りへの影響について

    プロペシアやザガーロの子作りへの影響について
    男性専用のお薬である「プロペシア」と「ザガーロ」。どちらも基本的には女性が服用することはできません。ただ服用している男性と子作りの予定がある場合、影響があるのでしょうか。臨床試験データをもとに子作りへの影響を解説していきます。

  • プロペシアやザガーロの女性化について

    プロペシアやザガーロの女性化について
    プロペシアやザガーロは長期の服用で、副作用の影響でまれに乳房化が起こることがあります。男性なのに胸が膨らむのは・・・と心配される方もいらっしゃいます。どのくらいの確率で乳房化が起こるのか、臨床試験データをもとに解説します。

  • フィナステリド錠「ファイザー」とは

    フィナステリド錠「ファイザー」とは
    AGA治療薬プロペシアのジェネリックであるフィナステリド錠。先発薬と同じ成分・製法で作られ、安価な点がメリットですが、効き目などに違いはないのでしょうか。ファイザー社製のフィナステリド錠について、プロペシアとの違いなどを解説します。

カウンセリング予約